糖質制限食1

 

糖質制限。

 

最近、この言葉をよく耳にする。

 

以前から、『糖質制限食』なるものがあることは知っていた。

が、正直、それほど関心があった訳ではない。

 

それより『糖質制限』と聞くと、私がイメージするのはむしろ江部先生。

 

江部先生。

今では『糖質制限食』と言えば江部先生と言うほど有名になられた感がある。

 

ご存知の方も多いと思うが、江部先生は京都、高雄病院の医師であり理事長でもある。

そして、私がアトピーを克服できたのも、この方の存在が大きい。

 

私が、高雄病院に入院したのは1990年代の初め。

 

当時の私はアトピーが劇的に悪化。

もう、にっちもさっちも行かない状態で、休職を余儀なくされた時期だった。

 

それまでの私は難病治療で有名だった甲田療法に傾倒していて、『もうこれしかない…』と

決死の覚悟で始めた生菜食療法が継続できず、挫折感&自己嫌悪に苛まれている最中だった。

 

因みに、この生菜食療法。

 

今ならサラリーマンが会社勤めをしながら取組めるような生易しい療法ではないことくらい

想像が付くのだが、当時の私にはまだまだそこまでの判断力も経験もなかった。

 

『アトピーどころか、このままでは社会復帰すらできない…』

 

江部先生と出会ったのは、そんな時期だった。

 

当時、高雄病院はアトピー患者の駆け込み寺のような存在。

入院するのに数か月待ちの状態が普通だったが、私の場合、運良く空きの出た個室に入れた。

 

ところが、当時の私はガチガチのステロイド拒否患者。

 

今なら入院そのものを断られても仕方ないほどだが、当時、江部先生をはじめスタッフの

皆さんは優しく、本当に優しく自分を迎えて頂いた。

 

で、入院中、私が何をやっていたのかと言えば、それは『絶食療法』。

 

今でもそうだが、当時、高雄病院と言えば漢方を取り入れた治療で有名だったが、

私に関する限り、アトピー治療に絶大な効果をもたらしたのは絶食療法の方だった。

 

あれほど酷かったアトピーが、診察ごとに良くなっていったのだから。

 

実際、あの時の絶食療法を通じて『アトピーの治し方』みたいなものを私自身が掴んだのは事実。

あの時の体験が無ければ、恐らく、今このブログを書いていることもないだろう・・

 

そう言えば当時、江部先生とは何度か嵐山方面に散歩した思い出がある。

 

勿論、私ひとりではなく他の患者も一緒なのだが、医者と患者が一緒に歩き、その中で交わされる

他愛もない会話。そういう事の方が印象深い。

 

 

その江部先生が『糖質制限食』なるものを唱えられた時は最初、正直言って面食らった。

 

『これは自分の知っている江部先生ではない・・・』  

 

これが第一印象だったのだ。

 

何故なら、自分の抱く医師、江部先生の印象は『真っ当で中立的な人』と言う印象だったから。

『真っ当で中立的』とは、『バランス感覚が良く』て『極端に走らない』と言う意味でもある。

 

中でも、私にとって『極端に走らない』と言う点は見逃せない。

 

理由は、今まで自分が成人病にならず健康なのは、この『極端に走らない』をベースにした

食生活に負う部分が大だと感じているからだ。

 

そういう意味で、『主食をやめると健康になる』と言うのはまさに????だった。

 

それでも、『もしかして…』と言うのはあった。

 

その『もしかして…』とは、『自己体験』だ。

そう。自己体験。これは私自身が強烈に体験しているので良くわかる。

 

要するに、アトピーならアトピー、糖尿病なら糖尿病を自力で治すと、その自己体験が強烈で

あればあるほど、その療法を現実以上に過大評価してしまうと言う意味。

 

つまり、『客観的に観る』と言う部分の点数が甘くなる。

しかしながら、素人の自分ならともかく、臨床医としての江部先生がそんな筈はないだろう・・

 

いろんな想像が頭の中をよぎる。

 

で、私の出した結論はこうだ。

 

『俺もやる』(私)

『何を?』(妻)

『糖質制限食』(私)

『・・・・・ 始まった』(呆れる妻)

 

人の主張に対して、あーでもないこーでもないと言うのは簡単。

それに、推測だけでモノを言うのも簡単。

 

でも、それは決してフェアーなやり方ではない。

 

一番確実なのは、自分もやってみること。

 

これに勝るものはないだろう。

 

それに幸いと言うか、たまたまと言うか、自分の場合、定期的な健康診断ではコレステロール値が

少し高め。ちょうど何かやってみようと思っていた所でもある。

 

一方、読者から『糖質制限に対する飛鳥さんのご意見を…』と言うのも増えている。

 

そういう訳で、『糖質制限食』

 

アトピーでもない人、糖尿病でもない人が糖質制限(プチ糖質制限食=夕食のみ主食抜き)を実践

するとどうなるのか?

 

途中経過をこのブログにアップしようと思います。

 

 


コメント
初めまして。飛鳥さんのブログ何度も拝見させていただきました。ステロイド離脱への道でわからないことがあったので、この様な形でメッセージ致しました。今してもらっている治療方法が適切か凄く不安です。
お時間がありましたら、返信いただけたら幸いです。宜しくおねがい致します。
  • 三ヶ島
  • 2018/03/19 11:25 PM
三ケ島さん。
こんにちは。飛鳥です。コメント拝見しました。

現在お受けになられている医療機関での治療に対して不安とのことですね。

申し訳ないのですが、私は医者ではないので具体的な治療(ステロイドの使用法等)に関するコメントは差し控えたいと思います。

一方、自分の経験を語ることや『もし自分だったら…』と言う限定的な立場でのコメントなら大丈夫ですよ。医師免許を持たない素人が出来る範囲の返答であることを事前にご理解の上、お願い致します。



  • 飛鳥
  • 2018/03/21 11:43 AM
お返事いただいて、凄く嬉しいです。ありがとうございます。早速ですが、一ヶ月前から担当医に処方された漢方で排便を起こして食事は飛鳥さんを参考によく噛む事を意識して砂糖、油をとらない食生活を送っています。
今の医者にかかる前はステロイドを出す皮膚科に通っていました。赤ちゃんのときからアトピーでステロイド歴30年。最後の二年間はストロングのランクのステロイドを使用。
上記に記載通り病院を変えて今は脱ステ+便意を起こして排毒といったところでしょうか。

病院を変えて処方されたのが排便を起こす漢方薬とロコロイドと保湿剤です。
私が使っていたのはストロングランクのステロイドだったので当然ロコロイドでは抑えることができずアトピーが悪化したのか離脱炎症が出ているのかよくわからない状況で、気休めでロコロイドを塗っていましたがそれも止めて現在は何も塗らず放置しています。なので心構えなく脱ステという形になったように感じています。とはいえ、勉強不足でランク違いの薬を処方された時点で疑問に思わなかった自分も悪いのですが笑 漢方は体に合っているためか今までにないほど快便です。
  • 三ヶ島
  • 2018/03/26 1:50 PM
今の私はそこまで酷くないというか、
浮腫みや乾燥が続いていて体全身真っ赤でザラザラしていますがリンパ液もダラダラ出るというより、乾燥して痒くて掻くと黄色の臭いのある乾燥したリンパ液?がつく?といった状況です。(ここから更に悪化するのでしょうか…)

飛鳥さんはステロイドを上手に使って炎症を抑えながらアトピーを治すために胃腸の強化とブログで言っていましたが、この解釈で良かったでしょうか?もしこの解釈で良ければ、私はこのままステロイドを一切塗らずに時が過ぎるのを待つのではなく、両立させた方が改善の早道ではないのかと思い、ロコロイドを処方したお医者さんに疑問をもってしまって飛鳥さんに相談してしまいました。
長々と申し訳ありません。お手すきの際にお返事いただけたら幸いです。
  • 三ヶ島
  • 2018/03/26 1:51 PM
ロコロイドではなく、ロコイドですね。誤字、失礼致しました。
あと私は現在そんなに酷くないとお伝えしましたが、やはり変わり果てた自分を見ることが辛いのは事実で不安からくる睡眠障害により仕事を休むかどうか悩んでいたため相談しました。わかりにくい主旨ですみません。
  • 三ヶ島
  • 2018/03/26 2:07 PM
三ケ島さん

ステロイドに関して言えば、使っても使わなくても、アトピーは治る時は治るし、治らない時は治らない。と言うのが私の率直な考えです。

ステロイドが直接アトピーを治すものではないことは患者も医者も一緒ですよね?

ステロイドさえ真面目に塗っていればアトピーは治るなんて事は誰も(医者も患者も)言っていない訳で、このことを前提として、では、どうするか?

問題はココですねよね?

さて、どうしましょう?

因みに私の場合、いきなりステロイドを止めたことで劇的な症状の悪化を経験しましたが、結論から言うと、その後、最後まで(アトピーが治るまで)ステロイドを使うことはありませんでした。

しかしながら、このことが結果的に良かったのかと言うと、今は必ずしもそうとは思っていません。

じゃ、ステロイドを推奨しているのかと言えば、そうでもない。

何故か?

それが最初に言ったように、アトピーと言う病気はステロイドを使っても使わなくても、治る時は治るし、治らない時は治らない。と思っているからです。

要するに、ステロイドは直接アトピーを治すものではないことをしっかり自覚した上で、そこから何をするのか、この部分が一番重要だと思っているのです。

で、私が思うに、アトピーだけを治す特別な治療法なんてものは無いということ。言い方を変えると、健康な身体を目指せば、アトピーは嫌でも消える

これが私の経験則です。



  • 飛鳥
  • 2018/04/01 7:44 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

  • 糖質制限食1
    飛鳥
  • 糖質制限食1
    三ヶ島
  • 糖質制限食1
    三ヶ島
  • 糖質制限食1
    三ヶ島
  • 糖質制限食1
    飛鳥
  • 糖質制限食1
    三ヶ島
  • アトピーを治すということ2
    飛鳥
  • アトピーを治すということ2
    あだち
  • アトピーを治すということ
    飛鳥
  • アトピーを治すということ
    ミー

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM